2月26日(日)、第2回ひたち短編演劇祭、無事終了いたしました。沢山のご来場誠にありがとうございました。同じ茨城県内とは言え、遠い西の端っこ古河市を拠点にする我々を日立まで招いてお祭りに加えて頂いた事、関係者の皆様に心より感謝いたしております。お陰様で今回も本当に沢山の方たちと出会い、繋がりを持つことが出来ました。多くの人とのご縁こそが、我々自己批判ショーが20年以上続けて来た中でのこの上ない財産でございます。是非今後とも何かありましたら、気軽に、なんなら気安くお声がけ頂ければ幸いです。我々以外は日立で活躍されている劇団さんという事もあり、アウェイな気持ちで臨んだ公演ではありましたが、出演者、スタッフ、更にはお客様も本当に温かく受け入れてくださり、あまり優しくされることに慣れていない自己批判ショーは恐縮しきりでございました。ジャンルは全く違えど、各劇団さんそれぞれの素晴らしい演目に沢山刺激を受け、勉強させて頂きました。我々にとっても非常に楽しく、有意義な公演だったと思います。ありがとうございました!また楽しいことやりましょう。

今回自己批判ショーは「自己批判ネクストインスパイヤーズ」と称して「地獄の総務部2017」をやらせていただきました。このコント自体は結構前の作品なのですが、比較的上演される機会は少なく、今回の為に若干リライトしてお届けしました。はまり役の総長、海老澤は言わずもがな、川辺の「何もしない演技」が冴えており、佐藤との絡みも含めて個人的に演じていて非常に楽しいコントのひとつです。また機会があれば積極的におろしていければと思っております。世代的に「よく分からない」という方も少なくないかも知れませんが、すみません、全員おっさんなもので…(^_^;)

やけに忙しかった2月も間もなく終了。イベントも一区切り。しばらく表立ったイベントは御座いませんが、色々と水面下で動いていきます。次に向けての準備も着々と進めて参りますので、また皆様とお会いできる日を心待ちにしております。自己批判ショーはどこへでもすっ飛んでいく所存ですので、今後とも何卒よろしくお願いいたします。

 

The following two tabs change content below.
山本治

山本治

「シアターグリーンの自己批判ショー」より参加。現自己批判ショー代表。平成25年度看板役者。