cmgo_fin

 

ご挨拶が遅くなりました...自己批判ショー地元古河凱旋公演「自己批判超マストゴーオン!BORN TO BE KOGA」全日程(と言っても一日だけ)無事終了いたしました。ご来場くださったお客様。様々な形で応援してくれた皆様。スタッフ、お手伝いをしてくれた皆様。本当に本っ当にありがとうございました!どうにか無事幕を下ろす事が出来、ほっとしております。

 

当初一月の水戸公演で締めくくるつもりだった結成20周年企画。その中で急遽決まった今回の公演。水戸公演から引き続き参加してくれた皆様、新たに古河公演より加わってくれた方々。そしてスペシャルゲストのイバラッパー様。何より初めて開催するという自主事業に、我々自己批判ショーを起用してくださった、会場であるスペースU古河の皆様。数え上げたらキリがないほど、多くの方に感謝の気持ちでいっぱいです。足を向けて寝られない人達が増えすぎて、そろそろ立って寝るしか無い状況となって参りました。自分が、自己批判ショーが如何に多くの人に支えられ、今こうして辛うじて立っている事が出来ているのか。こうした公演をやらせてもらう度に実感いたします。特に今回は地元公演という事もあってか、普段よりもお客様の中に小さなお子様も多く、全体に漂う温かい空気にその思いもひとしおでした。子供の反応は本当に素直で、我々大人が思うよりもずっときちんと作品を見てくれている様に感じます。逆に学ばせて頂く事も本当に沢山ある気がいたします。また自分の親の世代の方にも沢山お褒めの言葉を頂戴し、少しずつではありますが、幅広い世代に、地元の皆様に受け入れてもらうことが出来ているのかなと嬉しく思っています。余談ではありますが、広報誌で私の記事を見たと言って20年振り位の友人も足を運んでくれました。やはり地元はいいものだなと痛感致しました。どんな事でも長く続けていれば良いこともあるものです。

 

このイベントが終わったら少しゆっくりしよう。この公演が終わったらちょっと休もう。そんな風に何度も思いながらも、結局休むことも無くここまで走ってきた気がします。20周年で自分的には、限界まで飛ばしてきたつもりでもいたので、水戸公演の時も終わったら休もう、そんな気持ちでいました。しかしとてもありがたい事に、今回の公演の話を頂いた事でまた休むこともなく…その公演が終わった今も、幾つかお話を頂いているこの先のイベントなどもあります。ありがたい事です。そんな中で、少しでも求めくれる方がいるうちは、足が上がらなくなるまで走ってみるのも良いんじゃないかなと思い始めております。新たにやりたい事も色々と見えて参りました。微力な自分達に出来ることなど高が知れておりますが、少しでも愛する地元古河を、茨城を盛り上げることが出来たらと思っています。世の中には暗いニュースや悲しい事も沢山ありますが、ひとりでも多くの人に、ひとつでも多くの笑顔を作る事が出来れば…そんな気持ちでおります。結成21年。とは言えベテランの貫禄などとは無縁の老舗コント集団自己批判ショーですが、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。まだまだ伝えきれていない感謝の気持ちも沢山ございますが、とりあえずは簡単に、ご挨拶まで。

 

ありがとう!愛してるぜKOGA!!

 

自己批判ショー代表:山本治

The following two tabs change content below.
山本治

山本治

「シアターグリーンの自己批判ショー」より参加。現自己批判ショー代表。平成25年度看板役者。