先日は伊集院さんのラジオの話題を出しましたが、そういえば深夜の馬鹿力も最近20周年を迎えていたのでした。まさかの自己批判ショーと同い年。

20年もあると数々の名コーナーがあるわけで、今回はその辺からヒントをもらって自分なりの遊びを考えたい。

思い返していくと、リスナーからの投稿でかるたを作るコーナーは幾度か登場している。現在進行形のコーナーもある。

web上で遊ぶならなにが出来るだろうと考えてみたのが…

無責任企画 No.0025
かるツイート

かるた+ツイート=かるツイート。あまりにあんまりなネーミングですが、ご愛嬌。

ラジオの企画では読み札となる面白い文面を募集することになるわけですが、ツイッターであればカメラを使い、絵札を作るほうで遊べそう。

いろはカルタからお題をもらうとして、『い』ならば、『犬も歩けば棒に当たる』の意味に相応しい写真を撮る。…と書いてみたがこれ難しいな。

縛りをもう少しゆるく考えてみよう。『い』から始まるそれっぽい言葉と写真をセットで答えてもらう、とするか。そして可能であればこんな画像を合成したい。

card

取り札

お題の一文字は出題者からのツイート。それに対して素早く答えるというルールをつけると少しかるたっぽさが足される気がする。

面白く、速い人が勝ち。勝ち??なんだかよくまとまらない。

でもまあ、そのうちつぶやいてみるとしよう。

それでは今回はこの辺で。

The following two tabs change content below.
高雄いっとく

高雄いっとく

「ダブルオーゼロ」よりスタッフとして参加。スタッフ兼エキストラとして活動していたが、2012年より役者にチャレンジ。
高雄いっとく

最新記事 by 高雄いっとく (全て見る)