KOGAMAP2010 栗橋

前リーダー・栗原離脱。

そんな大事件の後の公演がKOGAMAPの再演であった。

初の再演。小菅さんが初演出にチャレンジ。古河の話なのになぜか栗橋の会場を利用する。小劇場王子に続いて野鳩より佐伯さち子さんが参加してくれていたり、嫁さんが参加してくれていたりといろいろ大変な回となった。

この公演では紺野君と組んで「制作」の肩書きでチャレンジ。紺野君からの桶川にラジオ局があるから宣伝できる、といった謎情報に惑わされながら、あまり行ったことのない宣伝方法を試したりした。

チラシ編

kogamap2010

この時のチラシはこういった感じに。物語の舞台となる古河の市役所、主人公の小屋などのイラスト。…改めて見てみるとなんの芝居だかわからない…

並行して山本さんがイラストを用意してくれていて、そちらを採用するなり、組み合わせるなり、もうひと工夫すべきだったと思っている。今後のチラシ作りで気をつけたい。などと発信してると20周年関連の制作物のハードルが…。この辺は適度に力を抜きつつ頑張るとする。

そしてこの回、映像は未使用となったため、そういった忙しさはなかった。その分、この次に行われる KOGAMAP2010 東京版でひと頑張りしたつもりだ。

そういえば一応DVD化しているのだが増産していない。せっかくの20周年の節目、 コレクターズアイテムとして、少したけ用意しておこうかと思います。

なんだか見どころの無い更新になってしまった。とりあえず次回、十五周年漂流記へと続きます。

The following two tabs change content below.
高雄 一徳

高雄 一徳

「ダブルオーゼロ」よりスタッフとして参加。スタッフ兼エキストラとして活動していたが、2012年より役者にチャレンジ。
高雄 一徳

最新記事 by 高雄 一徳 (全て見る)