無責任企画と名付けたこのコーナーを本当に無責任にぶん投げたまま数ヶ月。

毎回同じような書き出しですが、前回大晦日の更新を最後にすっかり企画を妄想することが止まっていました。考えてみるとSurfaceなどという贅沢なアイテムを手に入れ、電車での移動時間にいろいろやれることが増えてからか。

と、言い訳を言っていても仕方がない。移動中に茨城県のトイレの動画などを編集することもなくなってしまったことですし、なんとか再開を果たそうと思う次第。

さて。

2015年、自己批判ショーは20周年ということで、特別企画を次々と繰り出しています。自己批判ショーとしては過去にないペース。いささか疲労も溜まっています。旅行にでも行って息抜き、とも考えますがもっと違った何かがほしい。そこで考えたのが…

無責任企画 No.0023
元少年の日

童心に帰る日、それが元少年の日。フラカンの元少年の歌にちなんでいますが、まったく関係ありません。友達の家に集まる感覚でどこかに集まり、懐かしいゲームを遊ぼうという企画。企画というかおっさんたちによるただの現実逃避。

人の遊ぶRPGをただ眺めたり。すみっこで漫画を読むだけだったり。親の侵入を拒んだり。ポテチを食った手で人の漫画をめくって揉めたり。存在しない裏技を出来てる!出来てる!と言い出したり。

#そんな日あってもいいよね。
(©Theまてぃーに嶋ちゃん)

The following two tabs change content below.
高雄いっとく

高雄いっとく

「ダブルオーゼロ」よりスタッフとして参加。スタッフ兼エキストラとして活動していたが、2012年より役者にチャレンジ。
高雄いっとく

最新記事 by 高雄いっとく (全て見る)