AS_logo-01

 

アメイジングスパイダー。本当に沢山のご来場ありがとうございました!長時間硬い椅子に座るしんどさに耐えるだけの価値のあるイベントであったなら幸いです。本年も皆様に大いに盛り上げて頂いた総選挙イベント。忘れてしまわない内に私、代表山本がイベントを振り返ってみたいと思います。公演中、自分達で撮影した写真は一枚も御座いませんので、勝手ながら皆様のアップしてくれた画像を使用させて頂いております。問題などありましたら言って下さい。もし他に画像のお持ちの方いましたら、頂けるとメンバー共が喜びますw

こんばんは、山本治で御座います

10297836_280598475455062_896838751576211582_n

今回のオープニングコント。黒ヰ乙姫団、松村秀美様よりご提供頂いた台本です。頂いた台本を開いた時完全に固まりました…「やだ、あたしの台詞多い…」御覧頂いた皆様はお分かりのように、約10分間ずっと私が喋っております。台詞覚えられるのか?というプレッシャーの中、ここ数週間はずっと一人でブツブツ言ってました。兎に角台詞を言うことに一生懸命で、まだまだ面白さを伝えきれなかったかなと反省しております。思いの外好評だった、愛犬コニーの着ぐるみは劇団創造市場様よりお借り致しました。ありがとうございました。ちゃんと綺麗にして返しますm(_ _)m

海老澤革命

メンバーがそれぞれの思いを胸に立ち上がる、恒例の茶番劇です。実際の稽古場では私、あんなに嫌なやつではありませんw(多分)ミスターX登場の盛り上がりには正直こっちがびっくりしてしまいました。盛り上がるだろうなとは思っていましたが、予想を遥かに超えていて、これは全部持って行かれるかも…とちょっと不安を感じるほどでした。

解剖!なんでも診察団

自己批判ショー、安定の不謹慎コントです。元となるアイデアは、一年ほど前、私と大久保くんでカワヴェリを病院に迎え行った際、病院の待合室のテレビでやっていた鑑定団を見て、不謹慎大好きの大久保くんが考えたものです。元々はもっと不謹慎だったのですが、大分マイルドに仕上げました。

無機物ペットショップ泥の船

このコントはいっとくさんの処女作です。以前にもコントは書いてきているので、正確には処女作では無いのですが、お客様の前で実際に上演するのは初となります。とぼけた店員をやらせたら右に出るものはいない小菅さんと、お父さん役の海老澤さんの掛け合いを中心に展開されます。稽古中、海老澤さんを見て「この人演技うめえな~」と、失礼ながらずっと感心しておりました。恐らく今の自己批判ショーで唯一子供役をやれるであろう秀ちゃんも、いい味をだしてくれていました。

夏目漱石物語

ここ最近の定番ですね。個人的には内容も好きなんですが、何より二人で完結出来るということもあり、ある意味非常に便利なんですね(笑)。なんだかんだで、ここ一年では一番上演されているコントかも知れません。やるたびに少しずつ演出を加えたりはしているのですが、伸び伸びと暴れまわるカワヴェリが見たいので必要以上の事はしてませんw。いっとくさんの漱石っぽさにも徐々に輪がかかって来ております。漱石っぽさというものがどんなものなのか、まったく説明は出来ませんが。。。

妖怪人間面接に行く

最後にベラが登場するものの、基本的には面接官とベムの掛け合いで進んでいくコントです。大久保の十八番であったベムを今回海老澤さんに演じて頂きました。本番当日まで稽古をしていたのですが、どうしても途中で私が笑ってしまい、とうとう最後までまともに通せなかった気が致しますw。ちょっと個人的な理由で「妖怪人間ベム」には思い入れがあるので、今回上演できて嬉しかったです。海老澤さんの参加が決まった際に、真っ先にやってもらおうと思いついたのもこのコントです。本番中も実は普通に笑ってしまっていたので、機会があれば是非リベンジしたいです。ねえ?海老澤さん(笑)。

ヴィジュアル系バンド 紙コップス

10325420_280598455455064_1115181654153389211_n

これも自己批判ショーをご存じの方にはお馴染みの定番コントです。普段は紙コップスのリーダーであるギター担当は私が演じているポジションなので、どうしても見てみたくて普通にこっそり客席に出て見ていました。中の人間が言うのもなんですが、本当にしょうもないコントですね(笑)。言い訳のしようもない位の下ネタですので、好き嫌いは別れるかと思うのですが、自己批判ショーのメンバーは皆大好きです。カワヴェリはさすがの切れ味。気持ち悪さを通り越して、ちょっとカッコよく見えてくる程w。このコントで票を稼いだんですかね?

投票の時間

10294272_280598062121770_6352737047086634349_n

ここまでご覧いただき、皆様に投票して頂きました。昨年グダグダだったこの時間をどうにかせねばと、今回はオフィス北野からゲストとして「Theまてぃーに」と「サードシングル」の両コンビをお招きし、仕切りをお願い致しました。それぞれネタもご披露頂いたんですが、いやあ、滅法うけてましたね。おいおい、自己批判ショーが霞んじゃうよ!と焦るくらい客席を温めてくれました。勿論、両コンビの実力は分かった上で来てもらっているわけなんですが、これまた想像を遥かに上回る盛り上がり。ファンになった方もいらっしゃるんじゃないでしょうか?両コンビとも、都内を中心にライブで活躍しておりますので、是非一緒に行きましょう(笑)。まてぃーに、サードシングルが場を繋いでくれている間に投票を集計。すぐに結果発表となりました。投票結果は、

1位 小菅節男
2位 海老澤貴
3位 川辺健
4位 山本治
5位 高雄一徳
6位 紺野秀行

以上の様になりました。沢山の投票ありがとうございました!私4位でしたけど、ありがとうございました。4位でしたけど…まさかのと申しますか、予想通りと申しますか、ミスターX・海老澤さんが大躍進!見事に総選挙を掻き回してくれました。本当に僅差で小菅さんが見事、平成26年度看板役者に選ばれたわけですが、やっぱり一回で決まるって緊張しますねw。おめでとうございます、ミスター自己批判ショー。

1604801_280598418788401_8710201302237658633_n

 

カリスマ調教師小菅長介

10155088_280598018788441_4746043957032164066_n

後半コント一発目は、オープニングに続き、松村様より提供して頂いたこのコント。まるで始めから小菅さんが看板に選ばれることが分かっていたかの様な流れで、小菅節男の独擅場でした。松村様の書いてくれてたテキストのおかしさを、我々ではなかなかうまく表現できず、結局力技で自己批判ショー側へ持ってきてしまいました。自分が看板に選ばれたことを、全ての皆様に納得させる小菅節男の奮闘ぶりだったかと思います。稽古では今まで見たことも無いくらい悩んでましたけどね、小菅さん。折角生み出したこの小菅長介のキャラクター、是非また活かしていきたいですね。

閻魔大王の地獄裁判

 10260011_272809016222557_3644789591712432683_n

 

割とギリギリのタイミングで書き下ろした新作コントです。時間の都合もあり、最後までやるかどうか悩んではいたのですが、海老澤さんの神様が見たくて強行しました。いっとくさんの魂を込めた「佐村河内ー!」の叫びに笑いを堪えるのが大変でした。もう終盤でお客様も疲れてしまっている頃だったので心配でしたが、意外にも、と言いますか割と好評だった様で、終演後に良かったと言ってくださる方が結構いらっしゃいました。ある方からは「二回に一回はやれ!」となんだかよく分かる様な分かんない様な賛辞を頂戴しました。更に完成度を高め、これからの定番に組み込んで行けたら良いですね。

ふざけてください~ラジオ体操第一のつもり

最後は看板役者によるふざけてください。そしてラジオ体操第一のつもりと、自己批判ショーにとっては定番中の定番の流れで御座います。ラジオ体操なんかはもう散々やってきているので、もう飽きられてしまっても不思議はないのですが、今だにやって欲しいと言ってくださる方がいらっしゃるんですね。本当に有難いことです。飽きてしまっている方もいらっしゃるかと思うのですが、今後も恐らくやり続けていくであろうコントですので、ご了承頂けたらと思います。

というわけでございまして、以上が「アメイジングスパイダー」のコント、セットリストとなります。イベント自体かなり押してしまっていたので、見ているお客様もきっとお疲れになられたことと思います。最後までお付き合い頂き、誠にありがとうございました。今年度も自己批判ショーは、看板である小菅節男を中心に頑張ってまいります。また近い内にお会いできることを楽しみにしております!

 1797608_640854372655360_7016912214563365178_n

 自己批判ショー代表 山本治(今回4位)

The following two tabs change content below.
山本治

山本治

「シアターグリーンの自己批判ショー」より参加。現自己批判ショー代表。平成25年度看板役者。