smgo-01

自己批判ショー20周年記念公演「自己批判ショーマストゴーオン!史上最大の小ホール」大きな事故や怪我もなく、無事に幕を下ろすことが出来ました。沢山のご来場、誠にありがとうございました。茨城で活動する団体として、水戸で公演をやらせて頂くことが出来、本当に嬉しく思っております。

 

地元古河から離れた水戸という地で、果たしてお客様は来てくれるのか?公演として成立するのだろうか?不安要素を挙げたらキリがない公演でしたが、ゲスト出演者の皆様を始め、色んな方に沢山お客様を呼んでいただいて、本当に素晴らしい形で自己批判ショー20周年を締めくくることが出来ました。地元である古河、更にもっと遠くから遥々足を運んでくださった方もいました。初めて自己批判ショーをご覧になってくれた方も大勢いらっしゃり、茨城にはこんな連中もいるという事を知って頂いただけでも、非常に意義のある公演だったと思います。会場に足を運んでくれた皆様に、少しでも「笑い」という形で恩返しが出来たなら幸いで御座います。そして我々自己批判ショーだけでなく、茨城、水戸、日立、更には東京には、こんなにも素晴らしい役者さんや芸人さんがいらっしゃる事、劇団があるという事をお伝えする事が出来たなら、今回の公演は大成功だったと胸を張ることが出来ます。

 

過去の旧作、今回の為に書き下ろした新作。音楽や映像。自己批判ショーが20年で少しずつ積み重ねてきたもの、今持てるもの、出来ること、そして自己批判ショーにしか出来ない事を可能な限り注ぎ込み、お届けすることが出来たのではないかと思います。足を運んでくれた方が来て良かったと、関わってくれた方が参加してよかったと、少しでも感じでもらえる様な公演になっていたなら、これほど嬉しいことは御座いません。自分が思い描いたバカバカしくもくだらないコントの数々を、本当に大勢の方が本気で、力や時間を割いて形にしてくれる事。そしてそれを楽しみに会場まで来てくれる方が大勢いらっしゃる事。本当にありがたい事で御座います。幸せな事で御座います。自分がいかに恵まれている事かと痛感致します。改めてお客様、関係者やスタッフ、そしてこんな至らない代表を支えてくれるメンバー達に篤く御礼を申し上げます。本当にありがとうございました!

 

皆様のおかげでどうにかやってきた20年。また次に向けてゆっくりと歩を進めて参ります。きっとこれからも、もっと大勢の方に、もっとお世話になりながら、もっとご迷惑をおかけしていく事と思います。今後とも自己批判ショーを何卒よろしくお願いいたします。

 

自己批判ショー代表 山本治

The following two tabs change content below.
山本治

山本治

「シアターグリーンの自己批判ショー」より参加。現自己批判ショー代表。平成25年度看板役者。