はじめに、この会社が行っていたホームページに関する業務について語っておこう。

  • ホームページ制作
  • 独自ドメイン取得代行
  • 提携先のレンタルサーバーを使って公開

といったものだ。なかなか強気な金額設定だったが、ADSL登場以前の片田舎でこういったスタイルに目を付けた社長のセンスは認めていいと思っている。当時の私はドメイン取得やレンタルサーバーのことなどよくわかっていなかったが、それは大きな問題とはならなかった。

さて。教えを請うべき先輩が入社初日にトンズラしたことが判明し、最初に行ったのはその先輩が使っていたPCをチェックすることだった。このトンズラ先輩がどんな環境で、どのようにホームページを制作していたか、把握をしておきたい。部長社長も見ている中、PCを起動。とりあえずマイドキュメント等を開いていって仕事に関係しそうなファイルを探してみよう。マウスを操作してダブルクリック。すると、

「高雄くん!いま一体何をしたんだ!」
「早くて見えなかった!」

後ろで様子を伺っていた2人が声をあげた。

(え?なに?オレまだ何もしてないけど?)

私は言われている意味がわからず困惑した。もう本当にこのままのセリフを言われたのだ。盛ってはいない。普通に操作しているだけの私のドラッグとダブルクリックのスピードは彼らの理解を越えていたようだ。まさかマウス操作をしただけでこれだけの騒ぎになるとは誰が予想できよう。ドラッグとクリックで神認定である。どんだけ低レベルなんだよ。この会社に更なる不安が募る。

凄いやつが入社してくれたと、話が脱線して盛り上がった後、「そうだそうだ」と思い出したように部長がなにかを取りに行き、すぐにCD-ROM片手に帰ってきた。このソフトで作っていたよ、と差し出されたソレには『ホームページビルダー』と書かれている。

油性マジックで。

・・・。違法コピ丁寧にバックアップされたディスクの存在によりホームページビルダーを使っていることが分かったので、早速インストールされていたソフトを起動し、履歴から制作されたデータを確認していく。あまりパッとしたデザインではない。

(このレベルで通用するなら今の俺でも十分なものが作れそうだ。)

ほんの少し安心した。したのもつかの間、気づいてしまった。

(これ、ホームページビルダーのテンプレートの文字を打ち変えただけだ・・・)

さすがにやばい。これでウン十万の値段を取ってはいかんよ・・・。おそらくトンズラ先輩はかろうじてホームページビルダーの操作を覚えた程度で、こうした仕事を続けなくてはいけないプレッシャーに耐えられなくなったのだろう。一方、逃げるという選択肢を頭から消していた私は、きちんと価値あるモノを作ることでお客さんへの埋め合わせをしようと考えてしまうのだった。

そして、初日の出来事はまだこれだけでは終わらなかった。

<つづく>

The following two tabs change content below.
高雄いっとく

高雄いっとく

「ダブルオーゼロ」よりスタッフとして参加。スタッフ兼エキストラとして活動していたが、2012年より役者にチャレンジ。